スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<海生爬虫類>首長竜は恒温動物? 仏など研究チーム(毎日新聞)

2010-06-15

 ジュラ紀~白亜紀(約2億~6500万年前)の海で繁栄した首長竜や魚竜などの海生爬虫(はちゅう)類は、水温に関係なく体温を一定に保てる恒温動物とみられることが、フランスなどのチームの研究で明らかになった。11日の米科学誌サイエンスに発表した。海生爬虫類は長距離を速いスピードで泳ぎ回っていた可能性があるという。

 酸素には、質量の異なる「同位体」がある。研究チームは生体内に存在する酸素同位体の比率が、体温と気温・水温の関係によって異なることに注目。水温と体温の差がほとんどない現在の魚の同位体の比率と首長竜、魚竜、海トカゲ竜の化石の歯に含まれるリン酸から取り出した同位体の比率を比べた。米国、欧州、オーストラリアなど十数カ所で発掘された化石を分析した結果、これらの海生爬虫類は、体温が35~39度と高く保たれていたと推計された。現在のクジラに近い数値で、クジラのように水温と関係なく長い距離を機敏に動けたとみられる。中でも、首長竜と魚竜は、12度前後の冷たい海でも、体温を維持できたらしい。

 真鍋真・国立科学博物館研究主幹は「白亜紀末期、首長竜などが絶滅したのは隕石(いんせき)の衝突による寒冷化が原因とされてきたが、低水温に適応できたとすると、説明が難しい」と話す。【永山悦子】

【関連ニュース】
恐竜:新種の大型竜脚類化石に「福井の巨人」と命名
始祖鳥:飛べなかった…翼で体重支えきれず 英チーム結論
ネアンデルタール人:ヒトと混血の可能性 ゲノムを解析
化石:アナジャコ属の新種発見 アジア最古 北九州で
雑記帳:高崎のクジラ化石が新種と判明 群馬

「7月11日投票」掲示板作ったが…業者やきもき(読売新聞)
持続性がん疼痛治療剤フェントステープを24日に新発売(医療介護CBニュース)
<口蹄疫>対応人員の増派を検討 菅首相(毎日新聞)
上賀茂神社もアライグマの被害に 専門家が調査へ(産経新聞)
<子ども手当>「理解してもらえる」満額見送りに首相(毎日新聞)
スポンサーサイト

ソユーズが地球周回軌道を離脱、大気圏再突入へ (産経新聞)

2010-06-03

 国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在した野口聡一さん(45)らを乗せたロシアの宇宙船「ソユーズ」は日本時間2日午前11時半過ぎ、帰還に向けて地球周回軌道を離脱した。野口さんらクルー3人を乗せた帰還カプセルは、ISSとのドッキング部分などを分離・廃棄した後、大気圏に再突入する見込み。

【関連記事】
野口さん宇宙基地にお別れ ソユーズに乗り込む カザフスタン着陸へ
野口さん2日地球へ ソユーズ着陸 最後の難関
「あと2、3カ月いてもいい」長期滞在の野口さん、宇宙で会見
山崎さん宇宙から帰還 ディスカバリーが着陸
オバマの夢「火星に人を送り込む」
「はやぶさ」帰還へ

関西で口蹄疫被害支援の輪 外食店に募金箱 焼肉店では風評被害も(産経新聞)
岩手・宮城内陸地震の被災国道、復旧ウオーク(読売新聞)
SS代表が監視船侵入を提案…元船長初公判(読売新聞)
製鉄の副産物で海を修復 神戸製鋼が神戸空港島で実験(産経新聞)
<融資金詐欺>コシ社長に実刑 東京地裁判決

環境面に徹底配慮=普天間代替施設―鳩山首相(時事通信)

2010-05-27

 鳩山由紀夫首相は24日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の代替施設について、首相官邸で記者団に対し「住民の安全はもちろん、環境面に徹底的に配慮する新しい形をつくり上げていきたい」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~鳩山首相、「県外」守れず陳謝~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~

仕分け第2弾、競輪の補助事業など「不透明だ」(読売新聞)
救急救命士の業務範囲の拡大を要望(医療介護CBニュース)
無条件フォロー返しは危険! うっかりクリックで詐欺やウイルス(産経新聞)
<ダイヤ鑑定かさ上げ>全宝協が業界団体を退会(毎日新聞)
普天間で反発の福島氏に首相「理解に向け努力。それしかない」(産経新聞)

<ハナショウブ>ひょうたん池に鮮やかな黄色 山口・住吉神社に開花(毎日新聞)

2010-05-19

 山口県下関市一の宮住吉の住吉神社で、ハナショウブ(アヤメ科)のつぼみが開きだした。今月20日ごろ、見ごろを迎えるという。

 神社境内の広場にある「ひょうたん池」(約100平方メートル)に、高さ50~100センチ前後の花が約500本。12日早朝、つぼみが膨らみ始め、昼過ぎには池一面を覆うように鮮やかな黄色の花でいっぱいになったという。

 例年より開花が遅く、6月下旬まで楽しめそうだ。【尾垣和幸】

【関連ニュース】
<写真特集>毎日植物園・春
アカヤシオ:ピンクの大波…三重・御在所岳
九年庵:新緑の庭園、初の一般公開 佐賀・神埼
ツツジ:鮮やかに咲き競う 東京・根津神社

<訃報>加藤克巳さん94歳=歌人(毎日新聞)
仕分け余波、国道利用者に欠陥通報求める(読売新聞)
車に女性押し込み現金強奪=監禁10時間、容疑で男ら逮捕-警視庁(時事通信)
「2人目へ重点支援を」 参院選 小沢氏、亀井氏へ要請(産経新聞)
エコポイント「大きな成果」=直嶋経産相(時事通信)

多摩川 アユの遡上ピーク(毎日新聞)

2010-05-11

 東京都と神奈川県境を流れる多摩川で、アユの遡上(そじょう)がピークを迎えた。東京湾に注ぐ河口から約13キロ上流の都水道局調布取水堰(せき)(東京都大田区-川崎市中原区)では、体長8センチほどの稚アユの群れが、流れに逆らい懸命に跳びはねている。

 06年から遡上時期に合わせて堰を開放している。国土交通省関東地方整備局京浜河川事務所の調査によると、5月8日時点の累計遡上数は約50万匹。担当者は「今週末の大潮の前後に、たくさんの遡上が見られるのでは」と話している。【手塚耕一郎】

【関連ニュース】
アユ:初競り威勢よく 岐阜
養殖アユ:すくすく育ち、もうすぐ放流 岐阜・美濃
稚アユ:大きくなーれ 養父・八木川に放流 /兵庫
稚アユ:大きくなって帰ってね 児童ら放流--鳥取・千代川河川敷 /鳥取
稚アユ:13万匹放流 例年に比べ体長大--松阪の櫛田川 /三重

沖縄・奄美地方が梅雨入り(読売新聞)
迷走招いた鳩山首相の「言葉の軽さ」…その8カ月間を追う(産経新聞)
9地点で月間日照時間最少=4月、寒暖の差大きく-気象庁(時事通信)
<ニュース1週間>普天間移設、首相「県外」断念表明/石川遼、ツアー新の58で逆転V(毎日新聞)
<事故>「花見せたい」…61歳娘の車転落 95歳母も死亡(毎日新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。